AI補聴器による新時代の幕開け!?

ちょっとそこの奥さん!

補聴器もAIというスマートな風が吹くらしいわよ・・・

こんにちは、身体障がい者(弱視&難聴)兼ITエンジニアのアッシャー木村です。

つい先日、補聴器店へメンテナンスしに行きました。

そしたらAI補聴器なる新商品が出ルンですって。

その時の私の心境は

正にこんな感じでした・・・

 ※下記はイメージです。


  (  ゚ 3 ゚) ~♪
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_カタカタカタ
  \/    /

  (  ゚д゚)・・・ん?
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  (  ゚д゚)!!
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  ( ゚д゚ ) ついに来たかっ!
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

 ⊂( ゚д゚ )
   ヽ ⊂ )
   (⌒)| ダッ
   三 `J

/  O | ̄| O  ヽ
|    / |     |
ヽ、.  ├ー┤    ノ


さて、商品紹介のパンフレットを見ても

「ココまで進化した!」

「素敵ねと言われる補聴器!」

「スマホとつながる時代!」

えーっと・・・

抽象的な言葉ばかりで

さっぱり仕様が見えてきません。

ITエンジニアとしては

新商品アピールよりも

AI導入して何が出来るの?

っていうのを知りたいのだ。

AI補聴器「WIDEX EVOKE」の強み!!

Youtubeでの紹介ならどうだろう?

▼WIDEX EVOKE[イヴォーク]

ふむ。

ふむふむ・・・。

なるほど。わからん。

公式サイト等で調べてみると

このような効果らしい

使えば使うほど、それをAIが学習して

アナタ好みの音に自動調整してくれる。

さらに処理能力が高く、消費電力を抑えられる。

アナタの聴力や聞こえに応じて原音に近い音を再現する。

スマホのアプリ連動で自身で

聞こえのカスタマイズが出来て

そのパターンを学習する。

・・・そんなところでしょうか

補聴器のAI導入のメリットは。

AI補聴器でAlexa連携可能!!「Livio AI」

ちなみに他社製のAI補聴器では、

脳のヘルスチェック機能や

言語翻訳機能搭載。

そしてAmazonのAIスピーカー(Alexa)との

連携機能も備わっているとか!?

2019年に20ヶ国で発売予定とのこと。

気になる人は45分と長いですが

コチラを見てみるといいかも。

英語ですが、プレゼン資料で

内容が垣間見えます。

▼AI補聴器「Livio AI」発表

脳と体の健康チェックや

言語翻訳とかはアプリ連動っぽいですねぇ

現在はAI導入の初期段階なので

まだまだ進化の余地はありそうです。

個人的には次々回辺りの新商品が

どの程度進化しているのか?期待してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする