身体障がい者(難聴ゲーマー)時代 その1

こんにちは、身体障がい者のアッシャー木村です。私は視覚障がい(網膜色素変性症)と聴覚障がい(感音性難聴)の2つを合わせ持つアッシャー症候群と呼ばれる難病を抱えています。

しかも数万人に1人という選ばれし逸材です。進行性の病気のため、弱視+難聴の今だから出来ること、伝えることが出来ると信じています。

ここでは、身体障がい者(難聴)として過ごしてきた青年期(高校~大学)にさかのぼってお話致します。青春をゲームが急上昇する時期となり、障がいの話よりもゲームを通じて人間的に成長出来た部分を中心に伝えていきます。

数々の失敗を経験しながらも全国ハイスコア1位をこの手に掴み取るまでの
過程をしばしお付き合いください。

第13語ン
「アイツが噂のファミコンボーイ!!

小学生の頃、ファミコンブームが巻き起こりました。

我が家も例外なくファミコンを購入して遊ぶことになります。

熱中していたため、当時の友達からは「ファミコンボーイ」との

あだ名を付けられました。

以下は、ゲームに対するメリット、デメリットです。

ゲームをすると脳が活性化し知的機能が発達する

ゲームが子どもに与える影響は、日本だけでなく世界の多くの国の大学や研究機関でテーマとして取り上げられています。

それだけどの国でも共通した悩みを抱えているということですね。

それらの結果を見ると、ゲームをプレイすることによる大きな利点があることが分かります。脳のさまざまな部位を刺激し、発達を促すことができるという点です。

例えば以下のような力がアップすることが認められています。

  • 語彙力
  • 記憶力
  • 判断力
  • 動体視力
  • 注意力
  • 創造性
  • 忍耐力

ゲームをすると子どもの社会性が育つ

意外かもしれませんが、「ゲームをする方がしない子どもよりも社会性がある」というコロンビア大学の研究結果があり、同様の結果を他のいくつかの研究機関も提示しています。

その主な理由は2つです。

  • ゲームを通して友達との交流が生まれる
  • ゲームをすることにより社会的な理解が深まる

これだけは守りたい!子供にゲームをさせる時のただ一つのポイント

子どもにいつからゲームをさせても良いか?という問いの答えは人それぞれです。家庭環境によっても異なりますし、子どもの特性でも変わってくるでしょう。

ただしここまで紹介したゲームによる影響を考える上で、悪い影響をなるべく減らし、良い影響を引き出すためのポイントがひとつあります。

それは「子どもにゲームをさせる時は必ずルールを作り、それを守らせる」ということです。

最も良くないのは、ただゲーム機を与えるだけで大人がそれ以上干渉せず、無制限かつ自由に遊ばせてしまうことです。このやり方ではゲームによる悪影響までもを無制限に引き出してしまいます。

引用元:子供にいつからゲームをさせる?悪影響を減らし好影響を増やすコツ|MARCH(マーチ)

人並みに流行しているソフトは一通り遊んでいました。

ファミコンに続き、

ファミリートレーナー、

ディスクシステム、

ゲームボーイ、

スーパーファミコン、

PCエンジンまでになります。

そこから先は10年飛んでニンテンドーDSを家庭用で遊びました。

その空白だった10年の期間は家庭用ゲーム機ではなく、

アーケードゲームにのめり込みました。

所謂ゲーセン(ゲームセンター)での遊び場へと移すことになるのです。

ことの始まりは・・・

高校1年の時に友達とボーリング場へ行くのですが、

そこでゲームコーナーがありました。

新作ゲームの魅力あるキャラクターに惹かれて

初プレイしたところ3面まで進めました。

友達よりも先に進めたことが嬉しくて

このゲームとの相性が良いかも!?と思い始めて

学校の近くのゲームセンターで練習して遊ぶようになります。

これが私の

公園デビューならぬ、

ゲーセンデビューでした。

この一歩が、この青春時代が、

のちに大きく変化をもたらすことにななろうとは

当時の私には全く知る由もありません・・・(遠い目)

次回へつづく

【次回予告】アッシャー症候群(USH)に光を照らしておくれよ!

「USH!」「USH!」アッシャー症候群 TypeⅡのアッシャー木村がお送りする

拝敬!パイナップル先輩!!

今回の語りは、ゲームに限らず、スポーツでも勉強でも

人よりも何か少しだけ優れていたら、

継続するモチベーションに繋がりますよね。

得意なところを伸ばすきっかけはひょんなことから始まる。

次回、第14語ン
「対戦はPDCAサイクルで強くなれ!?」

人生で大切なことは、ゲームで学んだ。

それは我がパイナップル道にも通じる部分でもあるッ!?

パイナップルジュースを飲み干したら、

その空のペットボトルで

歓喜の祝杯ロケットを豪快に打ち上げろ!

次回も逃さず絶対(ぜってぇ)見てくれよな!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする